デザイナーに依頼!失敗しない店舗デザインを構築するためのポイント

デザイナーに依頼!失敗しない店舗デザインを構築するためのポイント Posted on 2017年12月29日

店舗の内装デザインをデザイナーに依頼するには?

新たに店舗を出店するにあたって、店の内装の仕上がりは、店の客足や売り上げを大きく左右します。デザイナーを入れて店舗をつくるのであれば、初期費用も掛かってきますし、無駄なことはしたくありません。ここでは出店する新店舗を失敗させないための内装デザインをつくるには、大事になっていくであろうポイントについて、わかりやすく解説していこうと思います。

店舗デザインで、まず最初に決めること!

まず初めにオーナーさんがやることは、店のターゲットを明確にすることです。それに合わせた店のコンセプトを作ってください。例えば飲食店に置き換えると、客単価がいくらでメニューはどのくらい作って等、より具体的なイメージを作り出してください。デザイナーもそれを目指して、レイアウトや内装の装飾を当てはめていくことになります。逆にコンセプトがない店舗は、内装にもメリハリがなくなり、リピーターもなかなか増えてくれない店になってしまいます。

内装業者の選定とその付き合い方

コンセプトが決まったら、物件探しと内装デザインの会社を探しましょう。インターネットで探せば内装業者を仲介してくれるサイトや、デザイン・見積もりをしてくれる会社はたくさんあります。ただし、内装業者の選定は気を付けないといけません。ピンからキリまで業者があるので、金額と対応を見ながらの選定が必要です。なるべく多くの業者と出会って、一番ご自身の希望をかなえてくれるところを選ぶのがベストです。

店舗コンセプトの重要性!

いかがでしたでしょうか。店舗デザインは、どんな店にしたいのかという最初のコンセプトが大事です。そこを構築することで、デザイナーの仕事の仕方やその答えが変わってきます。ぜひ、最初のコンセプトを大事に考えて行動を起こしてみてください。

内装工事は壁紙や床材を交換することで居住性を改善させ、雰囲気を明るく変える効果が得られます。同じ工事でも業者の技術力で仕上がりが大きく変わるので、事前の打ち合わせを入念に行うことが大切です。